キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

一日参り!10月初日の出雲大社は?

鼻の手術が決まってから 毎月1日に大社のお参りしようと決めて
今回で3回目

10月の出雲大社は人が多い
神有月になったからか?いやきっと土曜日だから
9月の倍以上?団体さんが多いのかしら?

西洋人の集団が目立ってましたね


どこへいっても行列
手を洗うにも並び、お賽銭して祈るにも並び、おみくじでも並び、あーなんとも時間が掛かるのです


この立て札が手を清めるところの近くにあるのですが、毎回思うわけです

「ポケモンはもっと恐ろしく過疎ってる場所にこそ出現すべきなのでは」と


お台場で人が集まりすぎて
えらいことになってたニュースみて、さらに思いました
この人々が地方都市に来れば、経済効力は莫大なものになるのではと

だからこそ稀少価値のあるレアなポケモンこそ
地方都市の人が集まってほしいところに出現するべきではないかと

等と考えながら、境内には入り、二礼 四拍手して、
本殿の西を向いてるオオクニヌシさんに挨拶して、
神殿回りを神殿の屋根を見ながらまわるのです。



神殿と神殿の間に日の丸!!が見えて、
ウォーってシャッター押しました。

このオオクニヌシさんの神殿の真裏に
彼の父親であるスサノオの神殿があるのですが、
こじまりした、ちいさな社。

この写真の中の階段上ったところに神社があるんですけど私このお社、好きなんです
というか、スサノオが好き!

アマテラスとツキヨミとスサノオの三兄弟の話が好き
スサノオのヤンチャぶりが好きなのかな

オオクニヌシさんはただただ人のよい大勢の兄弟の末っ子で苛められて、
うまいこと使われているのに寛大な人的な
見てるがわ 関わりのないものとしてはなんだかな~~っておもちゃって
でも、全国の神様集めて
この1年の全国の報告受けて褒められたり、もっと頑張れって言われたり、
今後の日本はどうしようとか
この人の祈願は行いもよいので聞いてあげようとか
会議開いて決定するんでしょ
この会議は多数決なのかしら?なんてね
思いながら・・不謹慎?

ここまで書いてて、大国主のおばさんに当たる天照大御神は何してんだろうって
勉強不足ですね~

この素戔嗚神社の神殿の下に砂の入った箱が右に2つ 左に2つ 真後ろに二つ
あるんですけど、昔はどっちかが持ってきた砂で
片方が浄化された砂って表示があったんですけど
神殿が修復されてから、大社の警備の方に「なんで表示がないのか」聞いたら
稲佐の砂を持ってきて、箱に入れて、祈って、その砂は浄化されて
持ち帰れるって
だからあそこにある砂はすべて浄化済みの砂のようです

ずっと前に大量に持ち帰る方がいて、なんでですか?って聞いたら
家の周りの4隅に撒いて、災いが入ってこないよう結界を張ると
なるほど 素戔嗚さまって凄いって思ったことがあたんですね
本当に災いが入らないかはわからないですけどね~~

我が家も一応 8月に撒いたけど~~どうなんだろうね
信じる者は救われるってか


ここの参拝を済ませ、神殿の西側に出るとまたまた行列

本殿の西側に賽銭箱が出てくるんですけど
ここは大国主さまと対面でお話しできるところなんですね
なんか参拝の穴場って感じでここは熱心にってんで結構並んでました
日本人ってほんとえらいな~~って思う一場面
でも何で大国主は西側向いてんでしょ


さあ大満足な参拝だったわけですが、行列ありすぎて
この後の予定がダメになちゃって
参拝に時間かかりすぎました

この写真は参拝帰りに
鳥居とはるか向こうの大鳥居そしてさらに遠くの三瓶山?
この景色、毎回 見ないと気が済まない風景なんです

そして東側の駐車場に行くとき見つけた植物
なんなんでしょうね
実が紫、桃色、水色とかわいいので思わずパシャリ


この植物の名前 知ってる方いたら教えてくださいな


スポンサーサイト

私事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「はみだしっ子」って漫画をご存じだろうか? | HOME | このグループは毎晩毎晩こんな時間に写真をアップして~~でもいい!!素敵!!>>

この記事のコメント

こんばんは。
とりさんが見つけられたのは
たぶん、『野ブドウ』だと思います。
2016-10-04 Tue 00:35 | URL | usausa [ 編集]
USAUSAさん
ありがとう 野ブドウなんですね
可憐な粒でいろんな色で房作って可愛いな~~っておもいました。

野ブドウですね 記憶しておこう
2016-10-04 Tue 09:07 | URL | とりプリ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |