キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

なんと!腰が~腰椎すべり症!!

アルバイト始めたばっかなのに!!いや一ヶ月は経った!!

いや~私の腰がね
七夕の日に腰に激痛でベットから、立ち上がるにも、階段降りるにもアイタタって、まさかのトイレまでウーンって、壁を支えに立ち上がらないと立てない!!

なんだこれってんで整形外科を紹介してもらって受診すれば、なんと腰椎の4と5のズレ
が生じてグラグラしてんですって、前屈みとか重いもの持ち上げると悪化して、痛みが出ると、しかもなおらんと来たものだ!加齢ですか!!


いかん!これはいかん!!
あとどれくらい生きるかわかりませんが、死ぬまでは自力で動きたい!無理しなきゃなんとかもつでしょ

腰が辛ければすぐ横になれる自宅の仕事をするのが一番じゃありませんか!

結果、バイト辞めました!!

気持ちも楽になりました

さて、あとは
家の仕事の合間に趣味の追っかけ!誰の?

ウーン!K-POPですよ
今日はBTS花様年華エピローグin大阪!!初日
この日しかチケットがとれず、そそくさと飛行機のチケット予約してしまって、後日、ステージサイドとか立ち見とか出たのに、違約金がもったないと一日だけ参加。


あは!ま!様子見ですな
我々世代がいるかどうかみたいなね


いるような様子ですが、子供の付き添いとかが多かったな
でも、単身参戦の方もいて、いいね!
しかも男子のグループもいるしね

でも一番多いのは高校生の女子グループ
わかい!EXOと年代的にはいい勝負だけど、防弾少年団も次はドームツアーになるんじゃない?とりあえず東京とKYOCERA

しかしグッズの列が半端ないのですが~1時から並んで、すでに販売開始していたのですが、終わって桜ダイニングに来たのが3時
空腹で低血糖ぎみで手が震える

桜ダイニングは城ホの裏というか付属してるというか、店内には東方神起のサインがあったりするわけで、一部のドア(城ホにつながる)には関係者以外使用不可の文字。む!近いぞ

誰も気にしながら、使うことのないドアを目の前にして、おそい昼食+夕食をいただくのでした

開場が6時なのでしばらく、ここで待機するのです


ところで最近ツイッターで見かけたのですが、防弾の様子がダブルに似てると 、ジョンミンに似てるといわれてたJホープくん!なんか雰囲気似てるって私も思ってた

でもホープくんはダンスはきれきれ、ラップも心地いい

話し声でダブルのマンネヒョンジュンに似てると思ったのがV
くん!

これくらいかなってにてるの

そう思うのですがいかがなもので

グループの人数が防弾7人だしね
ダブルより二人も多いよ

似てるのかね?

今日、奥正面よりのスタンドだけど一列目。じっくり検証しましょう

で、やっぱり思うのだけど、私はソロよりグループが好きなんだな~ってこと

特に防弾は群舞が素晴らしい
あの身軽な動き
一部の狂いもない同じ動きがこうもできるものか
ダンスにかける意気込みが半端ない!!これはものすごい練習量がないとできないことでしょう


こういった努力の結晶を今日、私はなまで見れるんだと思うとなんか感動

自分の身体がどんどんなまっていくので、彼らの姿を見ると元気がもらえる

若返るような気がする

勘違いするために参加してるンだ!私





スポンサーサイト

私事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<花様年華 エピローグ BTSの大阪城ホールに参戦して思うこと | HOME | なんと!初出勤で朝からこれが到着!>>

この記事のコメント

こんにちは。
腰大丈夫ですか?
腰は大事にしとかないと~。
無理しないようにねー。

バンタンライブ…てかライブに飢えてる身としてはいいなぁと思います。
バンタンはもう大阪城ホールのような大きなとこでライブするのねー。

あ~あ、早くヒョンジュンさんがステージに立ってるとこみたいわー。
2016-07-14 Thu 16:06 | URL | みさちゃん [ 編集]
はい!腰はね。いまのところはダイジョブ!辛かったら休める環境なので気楽が一番の薬だね

ライブの飢え
確かにね。
飢えてます!ペンライト振り回したい!!


SMTの若手のグループとバンタンに日々のウサを払わしていただいてます

彼らは厄除けになりますよー



ヒョンジュンは今、大厄年!!
なんとかならないものかしらね

除隊するときは迎えにいってあげたい!!
そして、グループで活動してほしいな~って思いますね


2016-07-15 Fri 12:50 | URL | とりプリ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |