キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

素敵だ!狼王ロボの愛読者として感動した 食物連鎖って自然じゃなきゃね

ほんの少数のオオカミの復活が、自然に奇跡をもたらすまで
karapaia_52202394_14.jpg

世紀前半における最も興味深い研究結果は、「栄養カスケード」の発見だろう。
栄養カスケードとは、生態系を構成する生物が、食う食われるの関係(捕食被食関係)を通じて
段階的に効果を及ぼす経路を表す用語である。

そして、その典型的な例が、アメリカにあるイエローストーン国立公園で実際に起きたのだ。
イエローストン国立公園周辺にはかつて多くのオオカミがいたが、
1926年、野生のオオカミが殺されたという公式記録を最後に、完全に姿を消した。
しかし、生態系回復の目的で1995年にカナダから連れてきたオオカミが再導入されると、
実に興味深いことが起こった。
この再導入は野生動物をめぐる「20世紀最大の実験」と呼ばれている。

イエローストーン国立公園の変化

オオカミは頂点捕食者で、多くの種の命を奪い取ることは一般的によく知られている。
しかし、彼らは同時に多くのものに命を与えているのだ。
オオカミが戻ってくる前の70年間で、公園に生息する鹿の数は、
捕獲される恐れがないため、増え続ける一方であった。

生息数をコントロールしようという試みもあったが成功せず、
鹿により公園内のほとんどの植物が食べつくされてしまうという事態に陥った。
しかし、ほんの少数にも関わらず、オオカミたちが戻ってきた事で、公園には大きな変化が訪れた。

鹿の数が減少

まず、オオカミが鹿を捕獲するため鹿の数が減った。
しかし、これはその後に起こることと比べたら、ほんの小さな変化である。
オオカミの存在により、鹿たちの行動にも変化がおき、その変化は公園全体へと広がっていった。

まず、鹿はオオカミたちから狙われやすく逃げづらい谷の合間や障害物があるような狭い道など、
特定の場所を避けるようになった。

植物と鳥の復活

これらの地域では、鹿が近づかなくなったため、植物たちが息を吹き返した。
たった6年間で、木の高さが5倍になった場所さえある。
裸同然だった谷あいの側面はあっという間にアスペンや柳、ハコヤナギが多い茂る森となり、
すぐに多くの鳥たちが生息し始めた。

ツグミやヒバリなどの鳴き鳥の数も増え、渡り鳥の数も大幅に増えた。


様々な動物たちがまた戻ってきた

木が増えたたことにより生態系エンジニアの役割を果たすビーバーも住み着くようになり、
生態的地位(自然環境の中である生物が他の生物との競争などを経て獲得した、
生存を可能にする条件がそろっている場所)が増えていった。


ビーバーの作るダムは、カワウソやマスクラット、カモ、魚、爬虫類、両生動物など多くの生物の住処となった。
また、オオカミがコヨーテを捕食することで、コヨーテの餌食となっていたウサギやネズミの生息数が増加し、
その結果、ワシ、イタチ、狐、アナグマなども増えた。

オオカミの食べ残しを求めて、カラスや鷹などもやってくるようになり、
熊さえもオオカミの食べ残しを餌とし、その個体数を増やしていった
(熊の個体数の増加にはベリー類が再び育ち始めたことにも起因している)。
また、熊は鹿の子をターゲットにするなど、オオカミにも影響を及ぼすようになり、
本来あるべき自然のサイクルが出来あがったのだ。
しかし、本当に驚くようなことが起きたのはここからである。

たった20年で自然環境が激変。水と緑の豊かな場所に

オオカミは他の生物に大きな影響を与えただけでなく、川の特徴までも変えてしまったのである。
それまでの曲がりくねっていた川は緩やかな蛇行流となり、浸食が減り、水路は狭まり、
より多くの水のたまり場ができ、浅瀬ができるようになった。
これらの全ては野生の生物たちにとって好ましい環境である。


オオカミの出現で川の様態が変わり、森林が再生されることにより、
川岸はより安定し、崩れることも少なくなった。
そして、川は本来の強さを取り戻し、鹿たちに食尽された谷間の植物たちも再び生い茂り始めた。
植物が増えたことにより、土壌の浸食を抑えることにつながった。

こうしてみると、ほんの小さなオオカミの群れが、生態系だけでなく、
イエローストーン国立公園という巨大な土地の自然地理学さえ変える力があることがよく分かるだろう。

現在ではその個体数が安定したことから、1973年より絶滅危惧種に指定されていたオオカミは、
2012年9月末に絶滅危惧種の指定を解除された。

イエローストーンからオオカミが消えた理由は、自然破壊と人為的駆除が原因と言われている。
「自然はそのままであるべきだ」とか「人間にとって都合がよくないかもしれない」という理由で、
再導入に反対する声も上がっていたのは確かだ。

だが、オオカミを絶滅に追いやったのは自然ではなく人間だ。結局のところ
、我々人間がオオカミの運命を握っているのだ。
イエローストーンでは、オオカミを復活させた後入念に個体管理を続けている。
オオカミを復活させた以上、彼らに対する責任は人間にあるということを忘れてはならない。

http://grapee.jp/98503 より引用
スポンサーサイト

気になる記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ライン友達から犬とリダの写真を送られて思い出した番組 | HOME | トヨタさん!どうぞ地方の高速道路にも採用してくだされ~~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |