キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

20150905 PM13時 「ジェミニツアー幕張ファイナルをみんなで見よう!」

いよいよⅩディがやってきますね~
ほんとに生まれてくるのかしら?

そもそも存在してないように思えるのはなぜかしら?

5日も上映が終わって、その話で盛り上がりましてよ

昨日からリダが休暇を返上でなんでこんなことが記事になるのか
いいじゃないの 個人の意向でしょうが~~ニュースになるのがおかしいと思う
休暇取ったって遊べる気分じゃなかろうし、誰信用していいかわからないじゃないの
両親の面接さえあれば、それで十分な気がする
軍にいるほうが安全だし、私は安心する 違うかしら?

だから、彼の判断は正しいと応援するわ


ところで5日の話ですが
2回目の開催で午後1時開演なので、早めに天王寺で昼食をって
約束したのになんてこったい!!
またまた私の時間設定ミスで大遅刻
すまんです!!しかも地下鉄御堂筋線で天王寺降りたのに
近鉄駅に行くほうほうが???で迷い、かなりの時間ロス
昼食どころかスタバでお茶もままならずでしたが
かる~~くバニラフラペチーノをいただき、糖分補給

近鉄に乗り藤井寺に向かうのでした

すこ~~し早めについたのですが~順々と皆さん到着
ちょっとした名刺交換ありーのお土産交換あり~の
わたくし、準備が悪く、壁の花化しておりました

主催者様からもありがたいことにお土産をいただき
9月のリダカレンダー
韓国のポテトチップス
リダの絵柄付き鏡
トッポギ(麺サラン)
豪勢なラインアップでお気遣いいただき感謝であります

参加人数は最初聞いてたのは10人程度だったのですが19人
上映会の後 ちょっとした茶話会があったのですが
なにかとても暖かい優しい気分になりました

つーさんの紅茶のシウォンケーキ(朝からおつくりになったそうで美味しゅうございました)
それから、皆さんが持ってこられたお菓子などもたくさんあって

その上 日本茶、紅茶 韓国のお茶などもあり、私は韓国のお茶をいただき
楽しい時間でした

共通の話題で盛り上がれるって素敵ですね
長い説明もいらないし、ただただ頷き、そうそうっていえる空間って
そうそうないですよね
素敵な時間をありがとうございました

なんだかだと離れがたく、最後まで残っておりましたら
優しく駅まで送りましょうと言ってくださり、これも本当に有難かったです
素敵な仲間がいるっていいですね~~

わたし、DATV契約してるんですけど、一人じゃ見れなかった
今回初めて大きい画面で見て
アリーナのペンライトの形を知りました
炎の形してたんですね
しかも今でも7色に点滅するとか・・・腕時計の形したものもそうらしいですね
腕時計はスタンド席のペンライトですってね

リダはこのペンライトの色が変わるのを本当に知らなかったみたいで
???な表情でおかしく可愛らしかったです

それから上腹部あたりに半円な黒い線の白いシャツの時 
イヤモ二っていうんですか?耳に入れてる黒いイヤホン
あれを耳から離してシャツの上にブランと下げると
ニコちゃんマークの目になってお顔になるんですね
面白い衣装!!遊び心がいっぱいで彼らしいなって思いました

それからシャツの袖を挙げる時、ボタンを留めてくれとバンドの方に頼む姿が
何とも愛らしく、しかし衣装がなんか昭和歌謡曲って感じで(毎回)
もっと気楽なセーターとか
ダブル時代のようなオーバーブラウスみたいなチュニックみたいな
若者らしい衣装でもいいのにな~~って思いました
スタジャンに皮パンツとかね
なんか正統派って衣装が多いよね…おばさま狙いかな~~

これで行けなかったじゃなく、行かなかったライブもファンの方々と一緒に見れたし
ライブの疑似体験もでき、ありがたかったです

この後鶴橋まで行き、大邱屋さんに行き
チング4人とリダ席に座り、リダコースをいただき
尽きないリダ話に大いに盛り上がりました

あ~~たのしかった!!

皆さん ありがとう  また誘ってください
出雲から出ていく口実ができて嬉しかったです

また遊びに行ける口実作ってくださいね~~待ってま~~す!!


6日は新幹線で岡山まで行き 岡山から特急やくもに乗り
出雲に帰りました

またいつもの生活が始まりますが
こっちに帰ってからずっと雨で~~~いささか寒いのでして
もう季節が変わったのですね

冬支度しないと~~


スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宇宙神せんべい!! | HOME | 息も絶え絶え~~~昨夜言ってた話が本当になった!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |