キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

悔いを残して、心に杭を打つ

昨日からずっと私の中に芽生えた言葉です


今、名古屋に向かう新幹線の中にいます
Twitterで18日の満面の笑顔で歌う彼の写真を見て、涙が溢れだしました

別に今日の限定ライブに行かないことを後悔しての涙ではありません

もうこの笑顔に今後二年間、会えなくなるのかと思ったら、涙が溢れだしました

そしてこんなことを考えました
もし私が彼の母親だとしたら、いや、母親じゃなく、恋人ならどうだろうか?
入隊当日見送りに行くだろうか?

戦争に行くわけでもないのに、
二年経てば戻ってくるわけです
でも二年も会えないなんです

まぁ肉親なら面会という手もあるわけだし、頑張れと送り出せるかもしれない

泣く意味はないのかもしれない
でも、私だったら見送りには行かないかもしれないなって思いました
なぜなら号泣しそうだから

行ってくるぞと勇ましくって気分の時に傍らでビービー泣かれたら、気分が削がれるんじゃないですか!!

もうね
笑顔でバイバイ
頑張っておいでって
送り出したいです

この笑顔を残してくれたから
私、頑張れます





そして、彼に二年間は会えないという、今の悲しみを東方神起のパワーで癒やされてきます

彼らももうすぐ兵役につくだろうけど、あの豪華絢爛なステージとパワフルなライブに酔わさせてもらいます

そして、この悲しみに慣れていこうと思います
彼も昨日言ってました
人間、慣れるものだと、、


東方神起が兵役につけば、次はEXOちゃんたちに癒やしてもらおかうかな?

迷惑かしら?

たった二年間だけよ

心には杭を打ってあるので全般的には移動はできないけど、ちょっと仮宿提供してもらいましょうか


そんなこと思った新幹線の中
通路挟んで隣には明らかに東方神起ファン、ツアーグッズのバックを持参されています


こんな目的のライブ参戦者に大いなる寛大な心で接してください

今にも泣き出しそうなんですから

お願いします


スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<風来坊な私の2月のまとめ 追記・・19日のリダの言葉 | HOME | 感情の起伏の狭間に見えるもの>>

この記事のコメント

彼の勇姿を見届けてきます。

後は言葉が続きません。
2015-02-20 Fri 15:08 | URL | ハルハピ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |