キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

羽生く~~ん!立派だ!!彼は世界に誇れる日本人

泣けました
涙が止まりません
すごい人です

猛スピードでぶつかって、しばらく立つこともできなかった
起き上がるときは 右の顎から首筋に血液が流れ落ち
顔面蒼白を通りこし、土気色になって
時折、吐き気もあったんじゃなかろうかと
hanyuukunn1.jpg
hanyuukunn2.jpg

棄権かと思いましたが、出る!棄権はしないって
無謀だ!!早く検査受けて~脳は大丈夫かと
あんなにスピンして、脳みそ動き回して、脳に何か傷でもあれば
広がるんじゃないかとか
ほんとドキドキして見てましたが

最後までやり遂げましたね

なんて精神力の強い人なんでしょうか?
体つきや顔を見てるとたおやかでしなやかで
優しい雰囲気をかもし出しているように思いましたが
なんて芯の強い方なんでしょう

彼のその強い思いは、一度棄権するといった衝突した相手をも
舞台に立つと決意させ、羽生くんに僕も棄権しないって言いに行ったのかな
ステージに立つ前に羽生くんのところに来てた
そして、羽生くんから握手求めていて
美しい光景でした

綺麗だけじゃない
戦いの場だって、修造さんが言ってましたが
男だって 19歳で本当すごい人です
プロだ 彼こそ本当のプロでさすが金メダリストだ

尊敬すべき日本人です


でも早く病院行ってちゃんと調べてもらってから、治療してください
どうか何事もありませんように
祈ります


またあのしなやかなスケーティングを見せてください

スポンサーサイト

気になる人 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<リダの更新手続きが始まりましたよ~~日本でのファンミもして欲しいyo~~~ | HOME | おっと 注文!忘れてった!>>

この記事のコメント

私も見てました。

けがをしてまでも競技に出ると言う彼はほんとに気持ちの強い人だなと思いました。
相手のエンカン君も失敗しながらも最後まで滑ってえらかったです。
羽生君の次に滑る1位になったコフトゥン君も滑りづらい中頑張ったよね。

滑っているのを見ていてハラハラしました。
その後は何事もなく終わって何よりです。

明日エキシビションをせずに日本に帰国して精密検査受けるってTVで言ってましたね。
大事に至らなければいいね。
これからまだまだ輝き続けることができるんだから~。
2014-11-09 Sun 01:58 | URL | みさちゃん [ 編集]
車椅子の乗って帰ってきましたね
顎を7針縫ったって、細かく縫ってもらったようで跡残らないといいね
頭はホチキスで止めたって
髪の毛切らずに済んだんだって思いましたが
空港で迎えに来た人に頭を下げるんで、やめたほうがいいよね~って思ってました
あれ絶対ムチウチになってると思わない?
すごい衝撃だったよ 首痛めてるんじゃないかと思うな~~
しっかり検査してもらってね
あとはドクターの意見を聞いて、行動してねって思います
2014-11-09 Sun 23:13 | URL | とりプリ [ 編集]
私も見てましたよ~!
彼の精神力の強さに感心しながら見てましたが
正直棄権して欲しかったし、棄権すべきだったと思ってます。
アスリートならば、それが当然の判断ではないかと(-_-;)
けれど、出場という判断をした結果が2位!
あっぱれです!・・・が、5度の失敗をしたのに、
あの点数が出るとは(=_=)
いや・・2位になって嬉しいんですが、
いいのかなぁ~という感じで。。。
脳出血などがない事を祈ってます。
ムチ打ちも心配です(・・;)

それにしても女子フィギアは鈴木さんは引退、
真央ちゃんも暫くは休業ということで
村上佳菜子ちゃん一人で可哀想な気が。。
2014-11-10 Mon 14:40 | URL | arisu [ 編集]
ね~~アリスさん!
ボクシングとかラクビーならドクターストップものですよ
あれ無理したから 足首捻挫したんだと思うよ
検査結果は発表になりましたね
頭の中は大丈夫そうだけど、足がね~
2~3週間かかるって言ってましたよね
28日のNHK杯は厳しいって
でもなんか無理しそうで心配だわ

フィギュアスケートの試合にドクターが随行してないそうで
これも良くなかったって今後対策をしようって記事見ました
ドクターがダメっていったら,さすがの羽生くんも無理しないと思う
ぜひ導入してやってください
まだ19歳なんですから~先が長い



2014-11-10 Mon 23:01 | URL | とりプリ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |