キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

どどどどどど動悸がする~~とうとう(´;ω;`)

今、韓国公式を覗こうとするんだけど
なかなか入れません

どうなん

と思っていたら こんなニュースが出ていました
正式謝罪

しかも公式ホームページ

っていうことは、韓国のファンクラブのFROM HJに載ってるってことですよね

腹括ったって感じですかね




“恋人暴行容疑”キム・ヒョンジュン、初の公式謝罪「信じて愛していた人に多くの傷を与えてしまった…」

OSEN |2014年09月15日17時56分


交際相手の女性を暴行したとして告訴されたSS501のリーダーキム・ヒョンジュンが、交際相手である告訴人に公式謝罪した。

キム・ヒョンジュンは15日午後、自身の公式ホームページに謝罪文を掲載した。先月末、交際相手Aさんから暴行致傷及び傷害の疑いで提訴され、警察の調査を受けた後、自ら明らかにした初の心境である。

キム・ヒョンジュンは「今回のことで2年の間、互いに信じて愛していた人に精神的、肉体的に多くの傷を与え、本当に申し訳ありません」とし、「人として、やってはならない行動をした自分がとても恥ずかしいです。今回の事件は全て私の過ちで起きたことであり、その人が非難される理由は全くありません」と明らかにした。

続いて「その人に再度謝罪申し上げ、その人の家族や知人にも申し訳ないという言葉をこのようにお伝えしたいと思います」とし「何よりも、その人が私の謝罪を受け入れ、許してくれることを願っています。今回のことをきっかけに、より誠実に、しっかりと生きていきます」と許しを願った。

キム・ヒョンジュンは先月末、交際相手Aさんから暴行致傷及び傷害の疑いで告訴された。双方は順に警察の調査に応じ、暴行容疑と回数、交際関係など、いくつかの主張が食い違っている。
元記事配信日時 : 2014年09月15日17時33分 記者 : ユン・ガイ



日本に向かうために仁川到着したようでツイッターに上がっていました

KHJbelinda김현중 ‏@khjbelinda · 5分
14.09.15 Incheon Airport departure..Fighting HJ-ssi!!! cdtonlogo
BxkK4A_CUAABvWA.jpg

明日はいったいどんなライブになるんだろうか?
どうか いつもどおりに始まり いつもどおりに大盛況で終わりますように
行かれる皆さん しっかり応援してきてください

彼と現世の恨み辛み 苦しみを忘れ、大いに盛り上がって
嫌なことを一瞬でもいいから、忘れて大いに大いに遊んでください
彼にやっぱりライブはいいってステージに立ち続けたいって
思えるように盛り上げてください

なんか兵役済んでも、芸能界復帰したくないな~~なんて思わないように
素敵なステージを作り上げてくださいね

頼みますよ


考えすぎの老婆心です
スキューバのインストラクターでいいやって思わないように
済州島永住なんて考えてないように

はあ~~考えすぎだ!!!


じゃあお迎えの方々 頑張ってね

もうすぐやってきますよ






スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<ももさんのブログ見に行って!!真相はこうだ!! | HOME | 三連休も今日が最終日。皆さんどうお過ごし?>>

この記事のコメント

メディアに出ていることだけが全てではないでしょうが、DVであることは確かだと思います。同じ女性として彼を盲目的に応援することに違和感を覚えます。
2014-09-15 Mon 22:55 | URL | [ 編集]
お名前なし?
違和感感じますよ 正々堂々と願います

<確かだと思う? 
決めつけるのは辞めて下さい 人の名誉に係る事を言うのは! 

<盲目? そんな馬鹿じゃありません 
溺愛は認めます!

長年彼を見て来て絶対の信頼を持っているんです

本当の彼を知らない方が今回
そう思われたとしても仕方ないですね
彼は言い訳しませんから

苦しい時でも自分を庇う事をしない男なのです
それは結局相手を悪く言う事になるから、、
とんでもなく心根の優しい男だから、、

いつも相手を悪く言わないで自分さえ耐えれば済むと思う男だからなのです

『彼を信じて』・・と言う声が彼と過去にお仕事を一緒にした方達から上がっています  

知る人ぞ知るです!

2014-09-16 Tue 05:48 | URL | hj-チェゴ [ 編集]
おはようございます。

チェゴさん、良く言ってくれましてね。
私も同感です。

ありがとう。

今日は名古屋ライブ応援頑張ってね。
2014-09-16 Tue 10:49 | URL | みみりく [ 編集]
名無しさんのような方もやっぱりいるんですね。日本でこれなら、韓国ではどれ程だろうかと、、、。リダが完璧だとは思いません。でも、今回の件は、ある意味、リダは被害者でもあると思えてなりません。私の心情としては、リダは殆ど被害者、、、、。何もできない自分が悲しいけど、応援だけは、、、。リダ、大好き!
2014-09-16 Tue 12:48 | URL | おばばひめ [ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-09-17 Wed 22:00 | | [ 編集]
チェゴちゃん ポンちゃん

気持ちはよくわかる!!私もこのコメント承認すべきかどうか悩んだわ
名前もないしって言っても みんなもハンドルネームだし、匿名と似たものでしょ
それなら、みんなと一緒かと判断して承認しました

彼女の言ってることも一理あるのよ
確かに人に手を出すのはイカンと思う
人に当たらず、そこは我慢して、ドアとかモノに当たればよかったのにって想うし、
ま~手を出したといっても彼女の暴言、暴力に対抗しただけの
まるでプリーズのなかの男女のような痴話喧嘩だったんでしょう

でも、1回は認めた時点で自分より力の弱いものに手が出たっていうのは彼の落ち度
そこは認めなくちゃって思うし、
これからはそんなことがないように反省してもらわないといけないと思う

でも正当すぎる意見って、正当なだけに辛い
だからこそ、こんなふうに考える人もいるんだって、承認したの
名無しさんも言いたいだけなら、鍵コメにしたと思うの
そこをあえて普通のコメントにしたところに彼女の思いを感じました
悪いことは悪いって

そこを認めた上で彼のファンだろうと思うから・・ここに来るってことがね

そう思うから承認しました

チェゴちゃんのコメントは承認してしまったけど、今回は未承認にさせてください
ごめんなさい


2014-09-17 Wed 22:53 | URL | とりプリ [ 編集]
おばひめ様
こんばんは・・そうですね
いろんなこと言う人がいますね~韓国じゃもっとひどい言い方されてるんでしょうね
しんどいでしょうね

でも、仕方がない ある程度のことは自分で認めちゃいましたしね
悪いことは悪いと反省してもらい、二度と同じことを起こさないようにしてほしい
韓国のドラマ見ても普通に頬を叩くシーンは頻繁に出るから、案外当たり前になってたのかも
今回のことでしっかり学習して、皆に心配かけないような大人な男になると思います
それを見届けるのが私たちの仕事かな~~て
そう思います
2014-09-17 Wed 23:02 | URL | とりプリ [ 編集]
チェゴちゃん

名前がないって確かに良くないかもしれないけど
チェゴちゃんって顔を知ってるからチェゴちゃんが誰かはっきり認識できるけど
知らなかったら、名前が無いのと同じだと私は思うのね

名無しさんは鍵コメにしなかったってところでこういう非難が出るのを承知されてると思うの
その覚悟の上のコメントだったて、私もこのコメント承認するのやめようかと思ったけど
やっぱり、いろんな考えの方がいるし、こう考える人もいるんだってことを知ってもらうためにも
いいかなって思って、承認してしまいました(考えが浅かったと今思います)
承認しなきゃ、こんなコメント書かなくても良かったのにね・・嫌な思いさせちゃったね
ごめんね

人に手をだすって、一度でもしたら、アカンと・・そこは彼も認めたんだし
仕方がない 反省してもらって、二度目はないように反省してもらって
とにかく彼が悪くなくても手を出したら、どんな言い訳も効果ないことを
学んで欲しいと今は思っています
2014-09-17 Wed 23:21 | URL | とりプリ [ 編集]
名無しさん

あなたのコメントを承認したばっかりに、いい返せない私を思って、コメント返しをしてくださる方々がいて
本当に申し訳なく、嫌な思いをさせたねって、

あなたのコメントは私で止まっているべきでした

確かに人の手を出すのは親子間でもダメですよね
どっちがいい悪いじゃなく

彼には本当に痛く、ひどいダメージを受ける出来事でした
自分がしたことに大いに反省してもらい、二度としないように、見守っていきたいと思います
名無しさんもどうぞ、これからの彼を見ていてください



2014-09-17 Wed 23:30 | URL | とりプリ [ 編集]
みみりくさんへ

このコメントはチェゴちゃん用ですよね~~
私が返信するのも変か

名無しさんのコメントは承認した私がまずかったです
皆に心配かけて、申し訳ないです
2014-09-17 Wed 23:53 | URL | とりプリ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |