キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

インタビュー記事といろんな場面の写真が~~

インタビュー記事はここよりお借りしました
http://www.genie.co.kr/genie_Magazine/f_sub_main.asp?ctid=1&mgz_seq=161&pg=1

Mgz_Sub_INT_20140711142656.jpg




インタビューキム·ヒョンジュンとジニーのカムバックインタビュー


Q.ジーニーの家族の方々と久しぶりガー?挨拶お願いしますね〜
A. こんにちは、ジニーの皆さん。新しいアルバム「TIMING」と挨拶することにしたキム·ヒョンジュンです。うれしいです。
Mgz_Sub_INT_20140711142818.jpg


Q.歌手として久しぶりにカムバックなのに、これまでどのように過ごしましたか?
A.昨年7月、「ラウンド3」以来1年ぶりにアルバムがナワトヌン ​​デヨ、その中にドラマ「感激時代」でブラウン管からごあいさつって、6月には日本で4枚目のシングルアルバムを発売して日本のファンの方々と会う時間がありました。最近では、先月末、ソウルコンサートを始まりに7カ国11都市ワールドツアーを進行中です。



Q.今回の「TIMING」のアルバムについてご紹介お願い致します〜
A.もうデビュー10年目にましたよ。二十九という年齢もそうだし、多くのことを整理し、また新たに開始することができる時期と思いました。舞台で楽しく歌うことができる音楽、以前よりも多くの方に聴いて好きするだけの音楽等様々なジャンルを試してみて学ぶ時期という意味を複合的に盛り込んだアルバムです。



Q.今回の「TIMING」のアルバムは、従来とは異なり、様々なジャンルで構成されているが、キム·ヒョンジュンさんの好みが反映されたアルバムでしょうか?
A.どちらにも偏りはなく、様々な音楽をやってみたかった。もう少し多くの方に聴いて好きいただける音楽が何なのかも悩んでいて。だから、少しずつ他の色の曲を収録になりました。



Q.最後に、ジーニーの家族の皆さんに一言お願いします。
A.ジニー家族の皆さん、1年ぶりに新しいアルバムに挨拶することになりました。暑い夏の健康気を付けて、「美しさ」、「ヒズてくし'多くの愛お願いします。600円の奇跡を見せてください!ㅋ ㅋありがとうございます〜


taiminngu.jpg


これらの写真で写真集でも出るんですかね?

その他にこんな写真が
またなんで生活感たっぷりの場所で撮影を
o0599092113002042710.jpg
o0599089913002042264.jpg
o0612096013002041676.jpg
o0618096013002041677.jpg


これはまた伝統的な場所で
o0623096013002043170.jpg
o0599080713002042263.jpg
o0600042013002047017.jpg
o0600040013002047018.jpg


さ~~どこで撮影しても絵になる方ですね
ただもう少しアイメイクを薄くしていただければ私的に最高点なんですけど・・・・

ところでリアルタイムの生々しい場面の写真背景と過去の遺産的建物の対比が
人生における夢か幻かてきな・・・
あ!そうか!!

これが夢幻か?

なんかあっという間に過ぎ去る年月
リアルの実感もなく多忙の中で過ぎ去った日々
この10年がもはや夢か幻か  

そんな感じがしてきたわ

これからの自分はきっとリアル感たっぷりな10年になるといいね
自分主導で生きてくださいね

海洋環境の保全にも頑張るんでしょ(今日録画を見たの話神というトーク番組)
彼の1行 「勉強には時期がある」
高校を1年で中退したことを後悔しているって
そして復学して卒業したわけですが~~やるべき時期があるって話をしていました
飲み会で会話には入れないって
なんとなくなら知ってるけど、自信がないって
勉強しておけば良かったて

そして、海洋環境の勉強したいって
スキューバーは寂しくなった時とかに潜って、海上に出た時生きてるな~~て実感をもつって
彼の基本的性格は哀愁がベースにあるな~って思いました

子育ての考え方は同感です
こどもにすべてを与えずある程度渡したら、親も自分の人生を楽しむべきと

全くです 

スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日来たメール さていつ届くのかしら? | HOME | はい!本家の本日発売の音源とメイキングの動画が上がってきてますよ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |