キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

今日も歯医者に行ってきやした

ついについに観念しました
歯の神経が半分死んでますと言われ、根治術を受けました
う~~ん
やっぱり残せなかったか
バイバイ 私の神経ちゃん
こうやって1個1個私の一部が死滅していくのね~~
先週から飲み出してる抗生物質フロモックスが追加で3日分処方され
ついで痛み止めロキソニンも
痛みは今はないので飲んでませんがフロモックスは飲まにゃイカンです
全くいつまで飲むんだよ~~
まあ粉じゃないのでいいか~粉は苦くって口の中でうじゃうじゃするので
嫌いです

とまあ~~悲しい歯の神経ちゃんとの別れの前に
「さんまのまんま」を見て出かけたのですが
ゲストが東方神起でした
あのおしゃべり怪獣と対等に日本語で番組を盛り上げていたのが
とても印象的で・・さすが東方神起のユノとチャンミンです
なんだかんだと会話中、赤面してる二人が可愛い

談話が終わって、まんまちゃんとダーツで対戦するんですが
このまんまの部屋?なんだろう
設定では庭なのかな?
そこに二人が出て行くのですが、チャンミンがそっと引き戸を閉めてるの
とても静かに丁寧に閉めているので感心しちゃいました
玄関から入った時も自然に締まるだろうに手を添えて、ドアに向かって
丁寧に締めていたのが印象に残りました
いい子だね~~って
外に出る窓の戸って開けっ放しなことない?
気になったことがないのだけど
Bpih09vCcAEHYB_.png

この30分の番組なんだけど、面白かったわ~~
それから二人の座る距離の近いこと
たいがい1人座席分は空くよね
彼らはやっぱり兄弟だわ・・・肉親並みの距離感です
また、さんまさんが楽しそうだったんだけど
大ウケ中の彼らとさんまさん
sannmanomannma.jpg
動画もあったわhttp://www.youtube.com/watch?v=YWPAhJBVjC8&sns=tw
oouke.jpg

やっぱり日本語話せるとどんな番組にでも出れるね~~
いいわね~~


ところで本日21日の京セラドームのチケットが届きました
ヤフー枠なので天井席ですが~~もう一回東方神起に会ってきます
オーラスの前日ですが
今度は次女と一緒です


そういえば5月27日の大阪城ホールのプレミア席の続きがまだだったわ~
プレミア席様のゲートをくぐって、担当の正装の男性が6~8人並んでラシャって
プレミアム席のカードと運転免許証をみせ、座席を振り当てられます
そして、お土産をいただきます
エコバック?トートバックみたいなものの中にバッチと写真入れみたいなものと
ストール(フリフリのついたミントグリーンの大判)などなど

私 前から8列目でした しかもチャンミン側って言うんだろうか
最初フードかぶって出てきたときに前にチャンミンが立ってる側って感じ
ほらね縁あるでしょ! レシートも2枚ともチャンミンだったし、
この席にチャンミンの投げたピンクのボールが
真上まで来たのよね 
本当に、このボールは私のだって感じで上空から降りてきたのよ~~
ところがもうすぐってとこで後ろから前から横から手が出てきたと思うの
目つむったから~私、最近視力が落ちてきて黒縁メガネをかけているんだけど
この黒縁メガネが牧場しぼりのメガネ神起と一緒な形だと思う
まあこのメガネが横から縦になちゃったのよね
四方八方からの手のおかげで~~ビックリしちゃったわ~~
となりの方にあのボールはここに投げられたボールだよね~~って確認したのは私です
そのボールは私の後ろ2列目かな
こぼれ球をゲットされた方が写真撮らせてくださいと頼まれてました
それを横目で見ながら。あれあのボール私んだよね~~ってつぶやいたのも私です

あれ~どこまで話したっけ
早々席に着いたら、あまりの近さにのけぞった?
いやいやリダのイベントの時はもっと近い席に座ったと・・もっと狭い会場だったけど
とにかくです・・近いのは近い
でもステージが高い 立っていても高いステージ
これはステージ両サイドのスタンド前列のほうがいいかも
首が痛いの何の・・首に傷持つ身としてはこれは辛い
時々下むいてた私です

席には赤いカバーが取り付けられていて、ステージは真ん中に花道 Y字ですね
その周りがP席、前から42列目までがP席ね
しかもこの会場満杯ってな感じで会場のすみずみまで人人
立ち見までありましたから(2階席)
なんかほかの会場は座席の中から出てきて、触ちゃダメとか
ビギスト(ファンクラブの名前ネ)の名に恥じない行為をとか記事見てたので
アンコールの時はどこから出てくるんだろうと思っていましたが
花道サイドから出てきた 全く期待はずれ
でもこんなにぎっしり人が入ってたら無理だろうな~~って思いました

ある曲で最後にチャンミンの投げキッスシーが見られるので
スクリーンを注視するようにと
あるブロガーさんの記事を見ていたのにすっかり忘れておりまして
見れんかった センターステージで歌っていたので後頭部見てた
21日はしっかり見ておこう

そういえば、この日のチャンミンさん 何故かしんどそうに見えたのね
前半、なんか体調悪そうって
自分でも集中力がないって言ってて、大丈夫かな~~って思ってましたが
後半はさすがプロ
キレキレのダンスにハイトーンボイスも絶好調でした

前半のチャンミンさんをカバーするかのようなユノくん
彼はステージに立つと別人ですね
なんか不思議と視線が行く
いい具合で壊れて、本当ステージに立つのが楽しくって仕方がないって感じで
見てる方も楽しいの~そして可愛いい
彼ってこんな人だった?なんか真面目で面白みのない方かと思ってましたが
気遣いのできるいい兄貴 包容力があって
守ってくれてる感がたのものしいけど、ちょっと抜けてる?
なんか彼がいて、引っ張ってる感じがして、
チャンミンも安心して、おバカなこともできる
(アンコール最後のとき顔中に葉っぱつけてた!!)

MCの中で印象に残ってるのが
チャンミンがやたら、シム・チャンミンのソロステージって言ってたこと
翌日はユノくんがチャンミンに東方神起を守ってねって言ってたって
なんだか冗談じゃなく、本当になりうそうな気がして
グッズを買うため並んでたとき、二人で兵役行けば2年の空白で済むと
かわりばんこで兵役についたら4年の空白だと
1人じゃ東方神起って言えないのかしら?
私が思うにユノくんが兵役についてる間、チャンミンが東方神起を守り
チャンミンが行く頃に戻ったユノがチャンミンがもどるまで東方神起を守る
って具合にしたらどうだろう

私が彼らをはっきり意識して見だしたのは2人になってからなので
5人の時の姿を見たことがないから言えることなんだろうけど
東方神起は2人だと思う
もう2人で確立してる感じがする
JYJはまだ3人でのライブを見てないのでそこまでの親近感がない
今度7月9日、横浜アリーナでユチョンくんのドラマイベントがあるそうで
思わず行こかなって思いましたが遠いし平日だし休めない
なんで関西でしないのかしら?

そして、カミングスーン 夏!っていうのは これだったのかってニュースが
7月末にJYJ WEEKっていう、ソウルに行くツアーがあるんですけど
これのことなのかしら?

てっきりドームでJYJでライブかと思ってたのに~



スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ゴルフ?彼のイメージじゃないと思うな~~ | HOME | お誕生日 おめでとう♡ 生まれてきてくれて、ありがとう♡♡♡>>

この記事のコメント

まだ楽しみが残っているのですね。
プレミアムシートの記憶~~いつまでも==。

とりプリさんの財力に脱帽です。
いつも、ぷらす交通費でしょううう。
ケチくさいわたしは、なかなかチケットに手が出せません。
だいたい、そんなにいい席取れないし。
陰ながらひっそりとファンであればいい、とか負け惜しみかな。
ホントは行きたい??。
いや、陰ながらが自分らしいように思います。

ユチョンのは、行きたいけど。(見たい)
これは、チケット取れる気がしません・・・・。

JYJ、年内には日本でもライブする!と思うけど。
どうでしょう。
いつも急な発表だから、それに対応する柔軟性がファンにも必要です。


わたしがこのプログで知ってるだけでも、とりプリさんとヒョンジュンくんの関わりってすごい近いものだけど。数々のイベントに参加されていますが~~やはりそれらは宝物ですか。過去のも、よみがえりますか?。トキメキが持続してますよね。ぶれない気持ち。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。すごいですね。ぶれないファンの心をどれだけつかんでおけるか、それが兵役後の芸能界での戻る場所につながるのでしょうね。

2014-06-08 Sun 09:16 | URL | りえっち [ 編集]
う~~んな質問に自分にも問いかけてみた
ヒョンジュン君とは7年か6年の年月見てきたように思いますが~
基本自分メインなので、無責任なファンだな~~って
彼が元気で楽しそうならいいな~って、時々確認にお触りに出かけますが
あっちは全く記憶にない。当然でしょうが~この勘違いが長続きする原因かな
思い出が宝物かと聞かれたら~う~~ん
彼をテレビとかで見たら、あ~~ってあの時はこんなんだったな~って思い出すのかもね
でもしっかり記憶してないから、その場が楽しければっていうタイプだから
勝手に脚色して記憶してるかもね~
楽しかったって記憶でバラ色かも
こんないい加減なファンなので2年の空白時間が待てるかどうか~
今 もうすでに不安   
でもここまで追いかけた人いないから、今までとは違った形で
懐かしがって、陰ながら応援してるかもね
自分でもよくわからない
人ってブレないのが普通かな
私はいつも迷ってる どっちにするかどんな小さなことでも迷って迷って
時間かかって、自分にとってどっちが居心地がいいかで最後は決定する
だから私ブレないよって言えない
なんかぐるぐるだね~~

JYJが日本に来てライブするなら、絶対応募して、自分の目で確かめるよ
彼らの素晴らしいさをね
私には時間がないの!!お金はなんとかなると思うの
時間は取り返せない
時間が許せるなら、どこへでも行こうって思っています

まあ人それぞれだから、何が正解ってことはないと思うけどね
時間とお金があればいいのにね~~
2014-06-08 Sun 19:45 | URL | とりプリ [ 編集]
ホント、時間とお金があればいいですね。

ヒョンジュンくんは、とりプリさんのこと覚えているのでは?。何回あっても初々しい人だな、て思われているのではないでしょうか。覚えてますよ、きっと(とわたしが言ってもなんにもならないけど)。
ヒョンジュンくんとの思い出は宝物ですね。

裸足の友達、ユイちゃんのおうち、見た~~。ママがお化粧濃かったね。ユイちゃんの稼ぎで手に入れたマンション、てあっさり言ってましたね。ユイちゃんのお婿さん候補になって嬉しそうでしたよね?。とりプリさんの言うとおり、こういうバラエティは素が見れておもしろいです。

とりプリさんからお知らせあったので、今日のヒルナンデス、も録画予約しておきました。背高いなあ~~。間近で見たら、圧倒されそうなのかな・・・・・。

引き続き、とりプリさんのファンでいさせてくださ~~~い。
2014-06-09 Mon 19:33 | URL | りえっち [ 編集]
ユノとチャンミンって2人でいると背の高さがわからないけど
日本の番組に出ると背の高さが際立って目立ちますな^~

ヒルナンデスで斉藤さんにツボって笑いが収まらないチャンミンがツボでした
しかしこの番組 録画をみんなで見るなら座っててもいいんじゃないのって思ったわ
ズーーっと立ちぱなしでしんどい番組ね~~
しかし、黒沢さんが東方さんのファンなのは、最近知りましたが
この人、リダのときも来てファンだって言ってたし~~リダは完璧に仕事だったのかしら

まあ日本の芸能界の方がファンだと公言してくれると閉塞感の強いKpopも
もう一度盛り上がってくれるかも
その先頭にいるのが東方神起のような気がするな~~
彼らの実績が~^半端なくすごいから
ドーム満杯だし 去年は日産スタジアム真っ赤にしてたしね~

なんか、ジュンスくんのライブに行く前に寄った本屋で
富坂剛&TVXQ倶楽部「東方神起episode+ white ocean」って本に出会って
分裂騒動から3年以上経過して活動しだした2人の東方神起のことを
詳しく書いてあるのね・・まあ多少は2人よりの本かもしれないけど
なんで分裂したのかとてもわかりやすく そうだったんだって
素直に納得できるものだったの

これは所属事務所の契約問題だけじゃないんだって わかったのね
ジュンスくんが始めた化粧品会社がきっかけみたいだったわ
空白の1年半・・JYJが活動し始めて1年半の間
2人は3人が戻ってくるのを辛抱強く待っていたと
その間チャンミンの生一本な性格のため「悪いのは自分のなのか?」と
自分を責め引きこもってた それをユノくんが辛抱強く声かけ
外に引っ張り出し「3人は自分たちを否定してるのではない」って励ましたって記事見て
なんか目が覚めたっていうか目の前のくもったものが晴れた気がして
あ~~そうだったんだって

JYJの実力は認めるけど、心情的に2人の東方神起に心奪われた気がしたのよね
で。彼らのステージ見て感動してしまうのかも
もう一回もう一回って思ってしまうのかも

これは5人からのファンの方には失礼な発言かもしれないけど
2人になってよかったんじゃないのかな~~て最近の二人を見て思います
5人ときは陰に隠れた感があった2人だけど(私は地上波しか見てないので・・)
2人になって露出が増えて、実力もお互い足りないところを補って
不足のところは努力で「ステージの上では自分たちが最高だと思ってやればいい」って
BOAの言葉を胸に日々最上級の努力をしてる彼らを見ると
応援せずにはいられないというか
がんばれ!って声かけたくなるのね

あ~~熱く語ってしまった
りえっちさんにはわかってもらえそうだったから
引き続きなんて言わずに今も過去からも「こちらこそよろしくなのです」



2014-06-10 Tue 00:04 | URL | とりプリ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |