キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

今なぜ 上海、北京のライブなのか?こんな記事を見つけたわ

日本から中国へ、韓流熱風の地図変わる…「新韓流天王」が登場
2014年03月24日19時47分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版] comment2 hatena0 .


今から10年余り前、俳優のイ・ビョンホン(44)、ペ・ヨンジュン(42)、チャン・ドンゴン(42)、クォン・サンウ(38)、ソン・スンホン(38)らが韓流天王と呼ばれた時があった。いわゆる「第1世代韓流スター」と呼ばれた彼らは、特に日本で大変な人気を集めた。ファンミーティング1回に駆け付ける観客数が1万人を超えた。それから10年後、日本には嫌韓が巻き起こった。韓流スターのあら捜しをして、彼らが出演した作品を冷遇した。だが2014年現在、アジア全域に韓流天王第2世代が登場して目を引いている。「韓流の終わり」を話していた者たちの口をふさいでしまうほど驚くべき人気を誇示して新しい韓流ブームを形成している。その先頭にはパク・ヘジン(31)、イ・ミンホ(27)、キム・スヒョン(26)、イ・ジョンソク(25)、キム・ウビン(25)らがいる。1.5世代韓流天王に分類されていたイ・ジュンギ、チャン・グンソクらの人気を軽く跳び超えてアジアを席巻している。今まさに韓流に燃料を入れて火をつけているその火力がものすごい勢いだ。「新韓流」の責任を背負う「新韓流天王」らの歩みを振り返ってみた。

◆専用機から祝日提案まで…スケールが違う

韓流天王第2世代はスケールからして格別だ。まず13億人の中国大陸を魅了したパク・ヘジンは、中国で国賓級の待遇を受ける大スターだ。昨年出演したドラマ『私の娘ソヨンイ」に続き最近作『星から来たあなた』などでも国内で大人気を集めた。国内ドラマの人気はそのまま中国大陸にも広まっていった。18日には中国の北京で開かれた第4回「俳優公民公益大賞」に韓国人で初めて招待されて受賞の栄光を享受した。11日には中国湖南衛星テレビの代表的な芸能番組『快楽大本営』に出演した。中国の製作スタッフの絶え間ないラブコールに2011年以降、再び番組に出演することになった。

イ・ミンホはフィリピンでは本当にドラマ『相続者たち~王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ』の主人公のようだ。21日、イベントのためにフィリピンを訪れたイ・ミンホを見るために公演会場は1万5000人余りがぎっしりと埋め尽くした。そこまで行けないファンたちが会場の外に長蛇の列をつくった。フィリピンの民間放送ABS-CBNのホームページには「あなたが必ず見るべき番組」というタイトルでイ・ミンホのイベントシーンを挙げた。フィリピンの放送局関係者は「フィリピンでのイ・ミンホの人気は格別だ。イ・ミンホの頭からつま先まで全てをまねる追従者が列をなす。彼らはさらに韓国語で冗談を言う。イ・ミンホの訪問日を国の公休日にしようという笑い話があるほど」と話した。ソーシャルネットワークサービスの一種であるウェイボー(微博)のフォロワー数は2000万人を超えた。

キム・スヒョンも言うまでもない中華圏の最高スターだ。21日午前にアジアツアー日程のために台湾へと出国したキム・スヒョンは、この日午後に桃園空港に到着した。空港に数千人余りのファンたちが集まったのは当然のこと。台湾の中天テレビは「キム・スヒョンが台湾にまぶしい姿で登場した」として入国現場を生中継した。この日キム・スヒョンは現地で提供された7億ウォン相当のベンツに乗ってホテルに移動、2012年に台湾を訪問したポップスターレディ・ガガを上回る国賓級の待遇を受けた。提供されたホテルは1晩440万ウォン以上というスイートルーム。ここにはキム・スヒョンの名前が彫られたバスローブや鉄アレイ、ヨガマットなどが準備されていた。これに先立ち8日、中国を訪問した際にも江蘇衛星テレビ側からキム・スヒョンのために専用機を飛ばし、何と600人余りの警護員を現場に送り出した。

キム・ウビンの勢いも熱い。最近、台湾4大日刊紙のメインを3日間飾って集中的なスポットライトを浴びた。アジアスターとしての人気を確認したようだ。ファンミーティングのために台湾桃園空港に到着してからファンたちの熱い歓呼を受け、有力メディアのホットな取材合戦もやはり空港から続いた。特に連合報はキム・ウビンを「アジアの男神」と称して絶賛した。

イ・ジョンソクもやはり最近、中華圏に吹いている韓国ドラマと韓国の男性俳優熱風の中心に立った。昨年、中国に輸出されたドラマ『君の声が聞こえる』が現地で大きな人気を得たと同時に韓流熱風の主流に浮上した。あふれる中華圏ファンたちの訪問要請に応えて台湾ファンミーティングと上海ファンミーティングを開催、国外ファンたちとの交流を広めている。

◆嫌韓を勝ち抜いた「新韓流天王」…どこまで行くか

かつてペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、クォン・サンウ、チャン・ドンゴンら別名「第1世代韓流天王」は、2000年代初期に韓流を導いて特に日本で絶対的な支持を受けた。イ・ジュンギやチャン・グンソクらも韓流1.5世代と呼ばれて日本で猛活躍した。だが今や市場が変わった。3年余り前から日本では反韓流の動きが感知された。チャン・グンソクやキム・テヒなどが大変なデマに苦しめられ、キム・テヒの場合はモデルをつとめていたブランドが現地で不買運動の被害をこうむった。韓流最高スターと呼ばれたKARAや少女時代の人気もつまづいた。

こうした雰囲気の中でエンターテインメント業界が視線を転じたところは中国大陸。中国のエンターテインメント事業規模は業界最高の米国を超えている。映画市場はハリウッドに続き2位の規模だ。ハリウッドの大作がアジアマスコミ試写会に日本を必ず経ていた動きも、次第に中国へと移っている傾向だ。待遇も変わった。中華圏内の韓流スターの広告ギャランティーは国内に比べ1.5倍、多くて2倍以上だ。広告エージェンシーのユン・ソルヒ氏は「ドラマや映画出演料もかなり高くなったが、広告ギャランティーの上昇が目につく」として「イ・ミンホ、キム・スヒョン、チョン・ジヒョンらの広告ギャランティーは10億ウォンから15億ウォン(1年基準)ラインを超えた。『呼び値が買い値』という話まで出てきている」と話した。

では彼らの人気はどれほど行けるだろうか。ソウル総合芸術大学のイ・ホギュ教授は「イ・ミンホ、パク・ヘジン、キム・スヒョンが日本ではなく中国で国民的人気を得ているという事実に注目しなければならない。中国は20年以内に世界経済を支配するほどの大国だ。最近彼らが文化芸術コンテンツ産業に視線を転じながら放送・ドラマなどコンテンツやスターに集中的な関心を注いでいる。こうした時期に韓国のスターが中国に進出して大きな人気を得ているというのは鼓舞的なこと」としながら「特に『相続者たち』や『星から来たあなた』などのドラマは中国の地上波で放映されたことがないのにSNSやインターネットサービスだけでブームを形成した。中国内でオンラインという時代的トレンドをうまく受け入れているということだ。韓国のスター、韓国のコンテンツを中国市場に送り出せる基盤になることができる」と話した。また、「中国の40-50代の女性たちが韓国ドラマの男性俳優らを見て幻想を持つことになった。中国内では扱えない多様な素材と没入度の高いストーリーテリングを武器にしてドラマの主演俳優までトップスターに成長させた。韓国ドラマとスターへの関心は今後も続くものと見られる」と付け加えた。ある芸能界関係者も「アジア圏の韓流は火がついてからいくらも経っていない。最低15年以上を見すえている。日本に進出した支社も次第に中国へ移っている傾向で、中国内の広告市場規模も大きくなっている」と話した。

なるほど、市場は今や中国なのね
こんな記事を見たら、日本で彼がライブする日は来るのかしら?

なんだかとても不安

日本には来ないのかもしれないって、そんな不安

それから、この記事のどこにも彼の名前が出てないのも不安
まだ彼は俳優として認められないのだろうか?



それならK-POPとは別の世界観だろうか?

東方神起とかEXOの名前も出ていない
彼らのチケットは未だ激戦で今やバルコニー席からステージサイドまで
売り出しているのに

どこが下火だと思えるほどなんだけど???

う~~ん
日本でライブしてくださいよ~~
宇宙神ペンライト振りたいよ~~

お願い!!合掌!!


スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日、東方神起列車が出発したそうですね~~いいな~~ | HOME | はい!帰ってきました 早速20話 しっかり見せていただきました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |