キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

感激時代 16話 終わりましたね

今回は武術強化の回でしたね
何が進行してるのかは日本語字幕版見ないとわかりませんが
BiDK5JQCYAI7EZz.jpg

画面見てるだけでも面白かったわ

ジェリムさんがやってる役がいい
あの人出ると画面が引き締まる感じがするわ
黒いチャイナ服のせいかしら
後ろで手を組むのがカッコイイので、思わずまねっこ
BiDN8AcCMAAeXay.jpg

今日は上海クラブのグランドオープンで花火が上がりましたね~~
花火といえば横浜赤レンガ
あ~~って思い出しながら、ついにあげたね~~って思ったのは私だけかしら?
願いは叶うってな

今回で気になる役者さんが全員揃ったようで、来週が楽しみですやん

15話の日本語字幕付き見ましたが
なるほど あのじいさん なかなかやるの~~

戦うにまず「頭」を使えって、言われて、考えましたね
絶対断られない状況で黄房の主に息子にしてくれと頼み
自分にちょっとやそっとでは手をかけられない状況にして
まずは自分の戦うための爪や牙を鍛え、技術を学び、仲間を作る?なのかな
ソンオさん演じる兄貴の配下になり、経営を学び、ここでの生き方
そこに置かれた人々の状況を把握するためにうまく立ち回ってますよね


あのジョンテの父親に鉄の拳でじわじわとくる致命傷を与えた人と
ジェリムさん演じる拳法に達人との会話内容はなんだったのでしょうか?
いつも微笑んでるかのようなジェリムさんの目がカッと見開きましたよね
あ~~結構大きい目をしてらしゃるって思いましたが
どんな会話がなされたのでしょうか?

ところで15話で1つ、思わずそれはないって思ったのが
カヤ姫のお寺で線香あげて、出てくるところでジョンテと出会う時に着ていた着物
最初、上半身で喪服のように見えたのですが
全身映し出したら留袖じゃないですか!!
あれって、結婚式のイメージなんですけど、お寺参りでもOKなんでしょうか?
久しぶりの着物姿で嬉しかったんですけど・・


久しぶりの着物で思い出したんですが~
16話の上海クラブの歌手?歌姫さんの挨拶で中国語と日本語、英語で挨拶されたのにはビックリ
だって、日本人役なのに日本人同志でも一切日本語なし(名前だけ日本語)
そういうドラマなんだね~~って、思っていたのに
中国の方も中国語なしですが~
まあ~~ドラマですから、難しいことは言うまいですが
なんかおもしろいって思ったもので

日本人の名前も変ですよね~~青木って呼ばれていた人は名字かと思っていたのに
テンカイ アオキになってたし
なんか つ込みたくなることばかりで、面白い

韓国語がわからないから、目で見て理解できるところで突っ込んでみました
間違っているかもしれませんが
ドラマの楽しみ方は人それぞれってことでお許しくださいね


ハチャメチャな感じのウンコに詳しいおじいさんの拳法指導なのかな?
o0429072012867269249.jpg


画像はツイッターからお借りしました
感謝

さ~~今日の視聴率はどうでしょうか?



追記
チャクサル大阪店でバレンタインのメッセージボードが石村本店に飾られていて
ヒョンジュンくんが見たよ的な写真がアップされてました
http://ameblo.jp/jaksalosaka/entry-11789395652.html
ここに飛んでいってみてね


あ!それから日刊スポーツさんが見た2010から2013の軌跡ってんで
雑誌が出るようですね
これは記念と私の頭のなかの消しゴムのために購入しえおかないといけませぬ
記憶力がすごく落ちていて、カタカナ名前が覚えられませぬ
だから、私の記憶の中に残すためにも買わないと


「日刊スポーツがみたキム・ヒョンジュン 10-13」発売決定!

先行予約受付スタート!


キム・ヒョンジュンの軌跡が詰まった雑誌
「日刊スポーツがみたキム・ヒョンジュン 10-13」発売決定しました!


2010年から2013年までのキム・ヒョンジュンの記事をまとめ、
キム・ヒョンジュンのストーリが分かる1冊となっております☆
ぜひ、チェックしてください!



■予約期間:2014年3月6日(木)18:00 ~ 2014年3月28日(金)10:00am
■発売日:2014年4月2日(水)
■お届け日:2014年4月2日(水)頃

スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<感激時代 16話 視聴率1位  継続なり | HOME | 感激時代15話の視聴率 1位確定>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |