キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

この記事の投票って?どこでしていたの?



海外で最も人気の高いK-POPアーティストは?1年間の投票結果を発表

OSEN |2014年01月23日17時40分



世界中でK-POPが人気を集めている中、各国の人気アーティストを調査した結果が発表され、注目を浴びている。

CJ E&Mスマートメディア事業本部は昨年1月から12月までの1年間、グローバルK-CultureプラットフォームMWAVEを通じて、Mnet「MCountdown」のランキング投票に参加した海外ファンたちのデータを分析し、23日に発表した。

1年間で計178ヶ国のファンが投票したデータを分析した結果、1位には全体の16.4%を獲得したf(x)が選ばれた。f(x)は特に中国で全面的な支持を受け、総合1位になった。2位は15.1%を獲得した神話(SHINHWA)、3位はSS501のリーダーキム・ヒョンジュン(9.3%)、4位はEXO(6.5%)、5位はSHINee(5.4%)だった。

K-POPの人気が高いと知られている東南アジア諸国の他に、ジンバブエ、トンガ、コンゴ、ジャマイカ、ウガンダ、モルディブ、フィジーなどの国で行われた投票も集計され、世界中でK-POPの人気を確認することができた。海外ファンの投票結果を国別に分けてより詳細に分析してみると、好まれるK-POPアーティストには大きな差が存在していた。


北米・オセアニアなど英語圏:EXO
今最も熱いアイドルEXOは、北米やオセアニアなど、英語圏の国で特に人気があった。EXOはアメリカで11.1%の支持率を得てTEENTOPやSHINeeを押さえて1位になり、カナダでも12.1%でSHINeeとINFINITEよりも高い支持率だった。オーストラリアでは13.4%を獲得し、2位のSHINeeより3.2%高かった。


ヨーロッパ、ロシア:SHINee
ヨーロッパでSHINeeは非常に高い人気を集めていた。SHINeeは西ヨーロッパのイギリス、フランスでそれぞれ15.4%と11%の支持率で1位となり、東ヨーロッパのポーランドでも1位(13.4%)になった。また、イタリア(15.4%)、スペイン(8.6%)など南ヨーロッパでも首位を記録。また、ロシアでは22.7%という高い支持率で1位になっており、続いてB.A.P(12.1%)とEXO(10.4%)がランクインした。


イギリス:SHINee、ポーランド:SHINee、ロシア:SHINee、韓国:EXO、日本:SS501リーダーキム・ヒョンジュン、イタリア:SHINee、中国:f(x)、スペイン:SHINee、インド:EXO、香港:SHINee、フィリピン:2NE1、台湾:FTISLAND、マレーシア:SHINee、オーストラリア:EXO、カナダ:EXO、メキシコ:SHINee、アメリカ:EXO、アルゼンチン:SHINee、ブラジル:f(x)


韓流ブームの始まり、東南アジア:好まれるK-POPアーティストの個性が際立つ
韓流ブームの始まりと言える東南アジア地域では好まれるK-POPアーティストの差が目立った。

まず、中国ではf(x)が27.1%で1位になった。特に中国では1位のf(x)と2位の神話が全体の50%以上を占め、高い人気を得た。日本ではSS501のリーダーキム・ヒョンジュンが19%で1位になり、f(x)とTEENTOPがそれぞれ2、3位になった。

台湾ではFTISLANDが21%で1位を獲得した。SHINeeとTEENTOPがそれぞれ2、3位になり、INFINITE HとINFINITEが4位、5位となった。また、フィリピンでは2NE1が1位になり、女性グループのプライドを守った。

他にもインドではEXO、サウジアラビアではSUPER JUNIORのヘンリー、メキシコではSHINee、ブラジルではf(x)がそれぞれ1位になった。韓国ではEXOが12.4%の支持率で1位だった。

CJ E&Mスマートメディア事業本部のソ・ジョンミングローバル事業部長は「国民の特性やアーティストのその国での活動などによって、国ごとに好まれるK-POPアーティストに差があった。MWAVEのビックデーターを分析したこの結果をうまく活用すれば、今後アーティストの海外コンサートやマーケティングにおいて重要なインサイトを得ることができると見られる」と話した。

MWAVEは全世界の韓流ファンたちにK-POP関連動画、写真、ニュースなどを無料で提供し、K-POPのグローバル化の先頭に立っている。英語だけでなく日本語、中国語(正体字、繁体字)など多国語サービスを通じて、世界中のK-POPファンたちがより容易にサービスを利用し、アンケート調査に参加できるようにした。また、サイン会というコンセプトのインターネット放送「Meet&Greet」を通じてアーティストたちとリアルタイムでのコミュニケーションを可能にし、「MWAVE SHOP」では、K-POPアーティスト関連商品も購入できる。
元記事配信日時 : 2014年01月23日10時04分 記者 : パク・ヒョンミン

スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昨日の視聴率は~~あ!もうすぐ10% | HOME | 今日は何の日?私の日 きゃ~あ!ほんで大人シン・ジョンテ登場の日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |