キム・ヒョンジュンとウリアドゥリ=私たちの息子!そして時々いろいろ

ソロ活動してるリダも応援しています あとは好奇心の赴くままに走ります

さあ、今日の視聴率で先行きがわかるかな?

Kstyle

Kstyle
2014年01月16日14時56分
「感激時代」キム・ヒョンジュン、生き生きとしたアクション&眼差しの演技が好評“期待大”

sibui.jpg
pEuCC.jpg

子役の方があまりにリダに似てるのでドキッとします
血縁かとも思えるシンクロ率 兄上よりも似てる気がする 
写真は私の勝手な選択です


「感激時代」キム・ヒョンジュン、生き生きとしたアクション&眼差しの演技が好評“期待大”

SS501のリーダーキム・ヒョンジュンの変身が水木ドラマの構図を変えた。

15日韓国で放送されたKBS 2TV水木特別企画ドラマ「感激時代:闘神の誕生」(脚本:チェ・スンデ、キム・ジンス、コ・ヨンオ、イ・ユンファン、演出:キム・ジョンギュ、以下「感激時代」)の第1話は、格闘を繰り広げながら戸惑うシン・ジョンテ(キム・ヒョンジュン)と復讐の思いでいっぱいのカヤ(イム・スヒャン)の姿でドラマの幕を開けた。

キム・ヒョンジュンは短い登場にもかかわらず強烈な眼差しとカリスマ性溢れる姿を披露、ブラウン管を圧倒する雰囲気のシン・ジョンテに扮し、視線を引き付けた。

この日の放送でキム・ヒョンジュンは格闘シーンで生き生きとしたアクションを完璧に披露し、重みのある存在感を漂わせると同時に劇の序盤を興味深く導いた。特にキム・ヒョンジュンは鋭い眼差しとリアルなアクション演技で、大陸最高のファイターシン・ジョンテ役と渾然一体となった姿を披露しイメージチェンジに成功した。

それだけではなく、ワン・ベクサン(チョン・ホビン)から父が亡くなったという知らせを聞いても努めて平静を装うシン・ジョンテの姿を、揺れる眼差しともの悲しい表情で表現し、一層成熟した演技力を披露した。

キム・ヒョンジュンは、この日の放送を通じて今まで見せた優しい姿から完全に脱し、“タフな男”に変身し子役時期以降、再び登場するシン・ジョンテキャラクターに対しての期待をより一層高めた。口調から表情まで1930年代時代劇の雰囲気を完璧に表現し、優れた演技を披露したキム・ヒョンジュンは、今回の作品を通じてもう一つの名品キャラクターの誕生を予告した。

一方、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、この日の「感激時代」は視聴率7.8%(以下、全国基準)を記録した。これは9日に放送された「綺麗な男」の最終回の視聴率3.8%より4.0%高い数値である。

また、MBC「ミスコリア」より高い数値を記録し、水木ドラマの2位で順調なスタートを切った。



とりあえず2位です
さい先いいじゃないでしょうか?

あとは2桁になるよう願っています

しかし、字幕なしでも楽しめたし、話が理解できたのはいいことだと思うけど・・
記事の中の下記の文章にあるこのシーン

ワン・ベクサン(チョン・ホビン)から父が亡くなったという知らせを聞いても
努めて平静を装うシン・ジョンテの姿を、揺れる眼差しともの悲しい表情

ってどこ?

チャイナ服の方から丸いものをもらってるシーンですかね?


スポンサーサイト

金 賢重 氏 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日のツイッターは?来週の予告しか出てこないのかしら? | HOME | 動画が~~ツイッターに~~なんて激しいんでしょ!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |